Kogeemo.comのTOPページでお知らせした記事よりアーカブズ(過去記録)としてこちらよりご覧になれます。

 

"THE CIPHER" dropped the new album "MONSTER!!"

 

THE CIPHER(ザ・サイファー)。PRO STREAMより新たにSOLO活動を開始した雄である。Wu-Watchmenのアルバムへも参加を果たしており、彼らのコネクションは勿論マイアミを代表する新たな核となるだろう。今回のテーマとなる"MONSTER"は、彼の内に秘める怪物を表現したLPとなったことであろう。

 

 

 

 

Boom!!! by Managod

彼の決まり文句である「BOOM!!」を皆さんにプレゼント!iphoneなどにお使いください!

 

 

 

-Interview with Artists- I am Victory (PA, U.S.A.)

 

KogeemoRecordings Interview contents

  

[ weblog Interview contents I am Victory ]
————————————————————————————————————————————-
1. about your self-introduction.
  あなたの自己紹介

————————————————————————————————————————————-

I am Victory Born in east harlem ,Ny.. I moved to the bronx when I was about 7 .
My mother and step-father were very diverse with the music.. they played and since a
little girl.. I had a great love for writing songs.

私はアイアム・ビクトリー。NYイースト・ハーレムの出身なの。7歳くらいの時に
ブロンクスに移り住んだの。母と義理の父はとっても音楽に多様だったので
私は幼い頃から曲を書いたりするのがとっても大好きだったのよ。

————————————————————————————————————————————-
2. about your past backbone as MC.   
     これまでのMCとしてのバックボーン

————————————————————————————————————————————-

My past and family is what motivates me everyday to keep writing and making great music .

私の過去もそうだし、私の家族が素晴らしい音楽を作曲したり、作詞するモチベーション(動機)を与えてくれていのよ。

————————————————————————————————————————————-
3. who is artist that influence you?
    どんなアーティストから影響を受けましたか?

————————————————————————————————————————————-

Many artist have influenced me over the years from Big punisher , tu pac , Metalica to beethoven.

長年に渡って影響を及ぼしたアーティストは、ビック・パニッシャー(ブロンクス出身)、2パック、
メタリカからベートベンまでね。(笑)

————————————————————————————————————————————-
4. What kind of artist do you usually collaborate with?   
    普段はどんなアーティストとコラボしていますか?

————————————————————————————————————————————-

I love to work with any type of artist who has profited their craft and has a great love for music .

私はどんなタイプのアーティストとでも一緒に仕事したいの。彼らの制作から学び取る事をとても重要視しているのよ。

————————————————————————————————————————————-
5. When you compose ya tracks, what kind of policy is there?   
    あなたが、制作するときのポリシーを聞かせてください!

————————————————————————————————————————————-

Sometimes If a producer sends me a beat
I might sit at my computer and put my head phones in right there..
if the inspiration is there it can take me from 5 minutes to an hour to write a track.
But if I have a busy day i will put the beat on my ipod.
The words usually will just come to me if im walking around town or hanging out with my friends and family..

そうね…コンピューターの前に座りヘッドフォンを装着するの。
ちょうどそこにインスピレーションがあるんだったら、5分から1時間くらいでトラックを書き上げる事ができるわ。

————————————————————————————————————————————-
6. Please easily tell it about EP which you produced this time.
    What kind of message is it in an included work?
    What kind of person do you want you to hear it to?

    今回あなたが制作したEPについて簡単に知らせてください。
    どんなメッセージが含まれた作品がありますか?どんな人に聞いて欲しいですか?

————————————————————————————————————————————-

I have just complete my EP "End Times Vol 1" produced by 4th assassin
and a bonus track by Tucky ent which will be available for free download June 4 2011 .
The project has no features its a collection of my thoughts and feelings.
A sneak peak of what is to come from me.

ちょうど私の"End Times Vol 1" produced by 4th assassinがEPとして完成したの。
Tucky ent(ターキーエンターテインメント)によるボーナストラックも含めて7/4にフリーダウンロード開始になるの!
この企画は誰もフュートしていない作品で私自身の考えやフィーリングを集めたものになるのよ!
私から皆さんへどんな感じか?こっそりと披露するわ。

————————————————————————————————————————————-
7. Finally, give me a message for people reading this.   
    最後に、これを読んでくれている方々へメッセージをください!

————————————————————————————————————————————-

7.Music is one of the great loves of my life and i will keep striving and perfecting my art .
   Making music once was my dream but i have now made it into my reality.

   音楽は人生の内で、とても大好きな事の1つだわ。そして、私は努力を続けてて、私という芸術を仕上げるの。
   それはかつて音楽を製作する事が私の夢だったように…ですが、それは今、現実のものとなったのよ!

————————————————————————————————————————————-

 

 


[ weblog Interview contents 4TH ASSASSIN (Producer) ]
————————————————————————————————————————————-
1. What kind of image did you make this BEAT?
  ビートを作るときのイメージはありますか?

————————————————————————————————————————————-

  Well it's the same with every beat I make.
  I don't really have an image that I'm going for I just dig and if I hear something
  I'm feeling I go with it and let nature take it's course.
  
  ええーとっいつもビートを制作する時は一緒だな。
  俺は本当にイメージなんか考えないよ。只俺はDIGしたいだけだし、何かを聞いて感じた時に
  自然に順序どおりに成る様に成るって感じだね。
  
————————————————————————————————————————————-
2. What kind of artist do you usually collaborate with?
   普段はどんなアーティスト共演していますか?

————————————————————————————————————————————-

The artist I collab with usually are Underground artist that hit me up for beats u know.
I also collab with my Memory Lane Family seeing as I'm the in house producer for Memory Lane out of philly.
Memory Lane is B. Kane, Nico the Beast, Rec Raw, Capo the King, Big OC Diesel and myself.
I also do work with my man Peach who is a producer and a partner of mine.
We did work on the I am Victory EP together and we're also workin with Big O from Cleveland
and I have my own album coming out this summer called Blood Money with Underground cats from all over the world.

まぁお馴染みだけど、俺はアンダーグラウンドのアーティストが自分らの為にBEATを注文してきて、大抵コラボしているね。
俺はあと、自分らのMemory Lane Familyと一緒にやったりしている。フィラデルフィア以外のMemory Laneの為にも
俺はそいつらの専門のBEATMAKERだったりするからさ。
Memory Lane は B. Kane、 Nico the Beast、 Rec Raw、 Capo the King、 Big OC Diesel と俺自身で構成しているんだ。
俺はMy men Peach(ピーチ)のパートナーでもあるんだ。
俺達は、I am Victory EPの仕事を一緒にやったんだ。それでオハイオのクリーブランドのBig Oとも共演しているよ。
俺自身の作品は… 今年の夏に、「Blood Money」というアンダーグラウンドな奴らと一緒にやったアルバムを世界中へブチかますぜ!

————————————————————————————————————————————-
3. When you compose ya tracks, what kind of policy is there? 
  ビートを作るときの「こだわり」みたいなものはありますか?

————————————————————————————————————————————-

  When I make beats I just make what I think is hot.
  There really isn't any policy people just get at me I submit tracks and they buy what they want.

  俺ががビートを制作づる時ってのは、ちょうど「これはアツイね!」と思う時に作っちゃうね。
  ポリシーなんかは逆に無くって、リスナーの皆に食いついてきてもらえるようなを作るんだ。
  リスナー皆が買って欲しがる様なBEATを俺はMC達に提供しているんだ。

————————————————————————————————————————————-
4. Finally, give me a message for people reading this.
   最後にこれを読んでくれている人々へメッセージをお願いします。

————————————————————————————————————————————-

  A message for people reading this is that if u have passion and drive u can do what u love.
  Don't give up on ur dreams and don't let people hold u down. U gotta grind hard if u want it tho.. peace

  これを読んでくれた皆へメッセージだよ。
  君たちには情熱があって自分達の大好きな事を出来るのだったら、君の夢を諦めないで人々に応援してもらいなよ。
  君がそうありたい考えているんなら、超ハードにこなしてやんなきゃ駄目なんだよ! peace

 

 

 

 

ICHIRAW ARIMA Bio

The man who grasps MIC from the HIPHOP dawn in Japan.
its ICHIRAW ARIMA. "LOW" of the part that the origin of the name continued MC as 1LOW.
he reflect produced "RAW" for own name from now on. its"ICHIRAW".. 

he concentrated power on young upbringing in the most of parts which were active in Japan. By his influence, anyone will know the fact that first-class HIPHOP artist is produced from his HOOD. Furthermore, the implication to appoint the real name as MC name is a new proposal with his fighting against Japan. "Declare its name"! Express one's faith in ya rap fair.." 
we can understand this way of thinking with his reform-like faith to new global awareness. With the thought of his reform to support these reasons, love HIPHOP; "the distance convey HIPHOP widely, and to walk with HIPHOP." It is 2011 that he moved with KOGEEMO RECORDINGS he promote activity of DSP(Dope squad Production) which he administers, and to share own activity with world HIPHOP artists.. 
The history of new music began again from here. Of course, the thing called the Japanese boy that he respects a rule of STREET as a factor of KOGEEMO and the part which can be congenial spirits does not need to say. And as THE LAST MAN STAND of KOGEEMO RECORDINGS and restart as his depicter, all of them become clear.
 

日 本のHIPHOP黎明期よりMICを握る男。それが ICHIRAW ARIMA だ。名前の由来は、1LOWとしてMCを続けてきた部分の「LOW」。これから生み出されていく「RAW」を自らの名前にも投影。それが 「ICHIRAW」と表現される。日本で活動してきた部分の大半を若手の育成に力を注いだ。彼の影響力によって、彼のHOODからは一流のHIPHOP アーティストが輩出されている事実は誰もが知っているだろう。さらに、MCネームに本名を起用する意味合いは、彼が日本へ対しての新たな提言だ。「名を名 乗れ!ラップで公明正大に己の信念を表現せよ。」 この考え方は新たなグローバル意識への改革的な彼の信念ともとれよう。

これらの理由を裏付ける彼の改革的考えとは、HIPHOPを愛し、「HIPHOPを広く伝え、HIPHOPと共に歩む道のり。」

彼の運営するDSP(Dope-squad-Production)の活動を促進させ、自らの活動を世界のHIPHOPアーティスト達と共有する為にKOGEEMO RECORDINGSと動く事になったのが2011年。ここからまた新しい音楽の歴史が始まったのである。

無論、KOGEEMOと意気投合できる部分の要素としてSTREETのルールを重んじている日本男児ということは言うまでもない。

路地裏から日本の表舞台にいたるまでをRAPする彼のパワーは計り知れない。そしてTHE LAST MAN STANDとして、そして彼の表現者としての再始動、それら全てが明らかになる。

 

we are very disappointed this time, ICHIRAW ARIMA will stop COLABO activity. Thank you for support..

誠に残念なお知らせですが、本人の諸事情によりコラボ・ワークスを休止することとなりました。応援してくださった皆さんには大変感謝します。有難うございました。Reverbnation site pageも現在閉鎖中です。(2011 0727追記)

 

KOGEEMO RECORDINGS FEAT ICHIRAW ARIMA

 

 

 

http://kogeemo.main.jp/kogeemo.com/kr_img/KR_weblogparts/about_LA/KR_BN_about_LA.png

You can back to the Lyric page when you click this image..

この画像をクリックするとトップページへ戻ります。